詩・夕焼けに誓う

f0058384_7295813.jpg
"내 사랑, 노을에 그립니다"「私の愛、夕焼けに描く」
사랑한다는 말로도・(愛してるという言葉でも)다 전할 수 없는・(すべてを伝えることができない)
내 마음을・(私の想いを)이렇게 노을에 다 그립니다・(こうして夕焼けにすべて描きます)

다시 하나가 되는 게・(再び一つになることが)그다지 두려울지라도・(それほどに恐くなっても)
목숨 붙어 있는 지금은・(命ある今は)그대에게 내 사랑・(君に 私の愛を)
전하고 싶어요・(伝えたいのです。)

- 서정윤의 시《아직도 사랑한다는 말에》중에서-
ソ・ジョンユンの詩<まだ愛してるという言葉に>より
f0058384_20375146.jpgf0058384_7345529.jpg
















sakura씨↑

"사랑한다."
「愛してる。」
다른 말이 필요없는 최상의 말입니다.他の言葉が要らない最上の言葉です。
하지만 그 말로도 부족합니다. 못다한 말 너무 많습니다.
だけどその言葉でも不足です。語り尽くせない言葉がとてもたくさんあります。

그래서 신(神)은, 정말, 따사한 봄볕에 아지랑이도 만들고
だから神は、実際、ほの暖かい春の日差しに陽炎も作って、
붉게 타오르는 노을을 하늘에 그리셨는지도 모릅니다.
赤く燃え上がる夕焼けを空に描かれたのかも知れません。

아지랑이 보면서 눈물짓고, 노을 보면서 다짐하고,
陽炎を見ながら涙ぐんで、夕焼けを見ながら誓って、
늘 새롭게 사랑하는 마음 더욱 다지라고...
いつも新しく、愛する気持ちをもっと確かめろと…by yukarin씨
  

by kanonnk | 2014-03-05 20:40 | 暮らし | Comments(5)
Commented by 가논게이 kanonnk at 2014-03-06 07:42 x
이천십사년 삼월 육일 목요일.날씨는 맑음.2014年3月6日
天気は☀。
그 사람의 노래를 듣고 있다. その人の歌を聞いている。
목소리가 좋다! 마음에 남는다.
声が良い!心に留まる。

오늘 스타트, 그렇게 라디오 강좌의 시간부터입니다.
今日のスタート、そうラジオ講座の時間からです。

Commented by 가논게이 kanonnk at 2014-03-06 19:14 x
<3月6日>啓蟄(けいちつ)

今日は啓蟄。大地があたたまり、冬ごもりしていた虫たちが穴から出てくる頃。
虫だけではなく、さまざまな生き物たちが活動をはじめる。
草花にも燦々と日は注ぎ、あたりは光に包まれる。

啓蟄や日はふりそゝぐ矢の如く   高浜虚子(NHKネット~)

今日も冷たい風でした。ジムに行ってお風呂、サウナで暖まり
髪もカットし気分を立て直し。。こんな状態↓でした。
눈도 가려운 데다가 콧물까지 나와서 힘들어 죽겠어요.
目もかゆいうえに鼻水まで出て、つらくて死にそうだす。
Commented by 가논게이 kanonnk at 2014-03-07 09:59 x
이천십사년 삼일 칠일 금요일.2014年3月7日金曜日。
날씨는 흐림.天気は曇り。

시작하자!고부.始めよう!勉強.

눈도 가려운 데다가 콧물까지 나와서 힘들어 죽겠어요.
目もかゆいうえに鼻水まで出て、つらくて死にそうです。
(レベルアップハングル講座~)でしたが。。
약을 먹었으므로, 상당히 편해졌습니다.
薬を飲んだので、随分楽になりました。

Commented by kanonnk at 2014-03-08 09:24 x
2014천3월8일토요일.土曜日。天気は☀冷たい風。
いつもその人の歌声を聞いている。。彼の歌は毎回聞く度
違った音色で様々な感情を湧き起こさせる。。

本当に上手い。最高の才能だ。そして、彼の表情が又好きで
微笑ましい!
私の持つ嫌なな所も、ぜーんぶ包んでくれて、気持ちを
平静に持って行ってくれるのだ。。
本当に好きなんです。
☆になったその人を思うと、どんなに苦しかったろうと、抱いて
あげたい。悔しくて。その人は不滅です。いつまでも応援します。
Commented by 가논게이 at 2014-03-09 08:51 x
이쳔십사쳔 삼월 구일 일요일.2014年3月9日日曜日.
날씨는 맑금.天気は☀
시착 하시다,열심히 히겠니다.頑張ります。오늘도.今日も。

line

何気ない日々のつぶやきを思いのままに書き綴っています。。


by kanonnk
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31